マンション修繕を考える

大規模修繕で気をつけるべきこととは

マンションの大規模修繕項目と修繕サイクル

マンションの大規模修繕項目と修繕サイクル マンションの大規模修繕には、外壁塗装、給排水管の交換、電気幹線の交換などがあり、地震や外的要因のない一般的な老朽化に伴う外壁塗装の修復・再塗装は、5〜8年のサイクル、給排水管の場合は数十年、そして電気幹線ではそれ以上のサイクルでの修繕・修復と言われています。
しかし、給排水管や電気幹線はその耐久性が不明瞭で明確な基準がないのも実情です。
従って、一般的にマンションの大規模修繕と言えば、外壁塗装とそれに伴う躯体表面の補修・修復とシーリング等の防水材の交換になります。
大規模修繕の事業計画はマンションの管理組合で計画され、住人を交えた総会で事業計画が決定されます。
この修繕計画には建築工事の知識が必要で、建築設計事務所やコンサルティング会社に調査や管理を依頼する場合もありますが、多くはマンションの管理会社がそれらの役目を兼ねており、必要な修繕項目や参考となる修繕サイクルなども提案してくれます。
修繕に必要な費用は修繕サイクルに基づいて算出され、通常年に必要な維持管理費と合わせて毎月の徴収となります。
そして、大規模修繕の費用をできるだけ安く、また修繕サイクルを如何に長くするかは、毎年の維持管理が適当に行われているかが重要であり住人や管理組合のそれらに対する意識、さらには管理会社の姿勢も重要な要素となります。

自然の環境に留意した大規模修繕がマンションを発展させる

環境に配慮したマンションの大規模修繕が始まるとなれば、住人の快適さにばかり着目されて自然に及ぶ事象には目がつぶられてしまうのが常です。
大規模修繕が行われたマンションは住環境が良い方向へと変化するのが当然である一方、忘れてはならないのが周辺の草木や土の質です。
空気を清浄化する役割を担う植物を蔑ろにしていれば、呼吸していて大きな違和感を覚えることになります。
土壌が汚れてしまうと栄養を含めなくなるので、作物を育てられない環境が生まれます。
とりわけ古いマンションの大規模修繕で留意するべきは、物件全体から排出される水と空気を外部に漏らさないことです。
人の生活の質をより良くする場合、汚れた気体や水分が発生するのは仕方がありません。
便利さと汚染は表裏一体ですから、マンションの大規模修繕が果たすべき役割は重いです。
排水が通る管は穴が空きにくい構造のものに交換すると、土壌を汚すことなく生活の営みを続けられます。
流動体の物質が漏れてしまうと、回収する作業は難易度が高いからです。
排気を清浄化する折に効果が高いのは、草木の生育を妨げる物質を吸着する素材を設置しておくことです。
空気を通してから外に出せば、周辺を汚すことはありません。

マンションの大規模修繕についてのサイト

長年の経験と技術で安心のサービスを提供いたします。

マンション大規模修繕 東京


Copyright © マンション修繕を考える all rights reserved.